On Your Feet Or On Your Knees
Blue Oyster Cultが1975年に発表した、初のライブアルバム。

Blue Oyster Cultというと、日本の怪獣映画が大好きで、「Godzilla」という曲を作ったことでも知られていますが、このライブアルバムは「Godzilla」が収録されている「Spectres」の2年前に発表された作品です。

内容的には、それまでに発表した3枚のアルバムのベスト集という感じになっています。
また、カヴァーでステッペンウルフの「Born To Be Wild」を演奏しているのも興味深いですね。
この曲は映画「イージーライダー」で使われた曲で、ヒッピー文化の象徴のような曲です。
ヒッピー・ムーヴメントやサイケデリック・ムーヴメントに、大きな影響を受けたことが伺われる選曲といえるでしょう。

ブルー・オイスター・カルトの場合、ヘヴィーメタルバンドというくくりで語られることの多いバンドですが、このアルバムの印象は、ヘヴィーメタルのフォーマットとは少し違うという感じを与えます。
時代的にもヘヴィーメタルがジャンルとして確立される前なので、ヘヴィーメタルのフォーマット自体が完成していないという言い方も出来ると思います。

むしろハードロックバンドの中で、重めのサウンドを出すグループを表現するために、ヘヴィーメタルという言葉が作られた、というのが順番としては正しいので、ジャンルとしてのヘヴィーメタルと別物なのは当然ということなのでしょうね。
[PR]
# by magicbazz | 2009-05-10 15:09 | Rock
The Doors
1967年に発表されたドアーズのファーストアルバム。
このアルバムに収録されている「The End」が、F・コッポラの映画「地獄の黙示録」のテーマソングとして使用されたことでも有名です。

ドアーズというグループの場合、歌詞が非常に重要で、コッポラがこの曲を映画に使用したのも、曲そのものの雰囲気と歌詞が、映画にマッチしていると判断したという事だと思います。
映画では色々編集して使われていますが、このアルバムで通して聞く場合は、10分を超える大作として聞くことが出来ます。

このアルバムを代表する曲というと、「The End」以外では、シングルカットされた「Light My Fire」があげられると思います。
シングルカットされただけあって、この曲の方が取っ付き易い印象ですね。
むしろ、「The End」の方が、このアルバムの中では特殊な曲といった方がいいのかもしれません。

ドアーズを代表するアルバムであることは間違いないですが、それと同時に、この時代のアメリカンロックを代表する、アルバムの一つなのは間違いないでしょう。
[PR]
# by magicbazz | 2009-04-13 20:53 | Rock
Performance Rockin' The Fillmore
Humble Pie初のライブアルバム。
そして、ピーター・フランプトンが在籍していた時代の最後のアルバムでもあります。

スティーヴ・マリオットとピーター・フランプトン、この二人が中心となって結成されたグループですが、徐々にスティーヴ・マリオットのカラーが強くなっていき、その事がこのライブアルバムでは如実に反映されているパフォーマンスとなっています。

スティーヴ・マリオットがブラック・ミュージックに、かなり強く傾倒している事はよく知られていますが、レイ・チャールズの曲が2曲ピックアップされていることからも、スティーヴ・マリオット中心のバンドになっている事が、よく分かる曲の編成になっています。

その2曲の中の1曲、Hallelujah (i Love Her So)は、私がHumble Pieで初めて聴いた曲なので、特に思い入れが深い曲です。
後のライブでも定番の曲ですから、いくつかCDで聞くことが出来ますが、このアルバムに入っているものを最初に聞いたので、このアルバムのバージョンが一番好きです。

アコースティック色の強かった初期のHumble Pieから、ハードロック・バンドに変化していった、その丁度変わり目に位置するアルバムという印象です。
[PR]
# by magicbazz | 2009-03-05 11:06 | Rock
Quadrophenia
Tommyと並んで、The Whoのロックオペラを代表する作品。
初めてThe Whoの曲を聴いたのが、このアルバムの曲なので、個人的に特別思い入れのある作品です。

聞いて一発で好きになったんですが、このアルバムの真価が理解できるようになったのは、かなり時間がたってからでした。
ヒアリングで英語の歌詞は分からないので、曲のカッコ良さしか理解できなかったんですね。

でも、このアルバムは、ストーリー性とメッセージ性を持ったアルバムなので、歌詞を理解しないと本当に理解したとはいえないので、レコードを買って歌詞カードを読んで、初めて本当のすごさが分かりました。

モツズムーブメントと、そこで自分たちが果たした役割やポジション。
そういったものを含めて、自分たち自身を客体化して、客観的に描写しているその姿勢と、批評性。
分析能力の高さと、作品化する能力と才能。
ピート・タウンジェントというミュージシャンの凄みを感じさせる作品です。

なんといっても、楽曲の出来がすばらしく、聞き応えがあるのが最大の魅力ですね。
ロック史に残る、名作中の名作です。
[PR]
# by magicbazz | 2009-02-06 21:17 | Rock
Physical Graffiti
Led Zeppelinの通算6作目で初の2枚組。
ツェッペリンの音楽性を、すべて網羅したような作品です。

個人的には、初めて新譜の段階で買ったアルバムなので、非常に思い入れがあります。
しかも、発売が予定より遅れて、2~3ヶ月待たされたので、余計印象に残っています。

ツェッペリンの曲には、取っ付き易い曲と、取っ付き難い曲、両方存在していると私は感じています。
もちろん、あれだけメジャーなバンドですから、シングルカットされたような曲は、非常にとっつきやすいんですが、アルバムを通して聞くと、最初はどうもなじめないという曲が、何曲か存在します。

このアルバムにおいて、特に取っ付き難かったのはKashmirでした。
単調さと複雑さが同居していて、どうも理解しにくいという印象でした。
でも、ツェッペリンの曲の場合、こういった取っ付き難い曲に限って、一度気に入るとのめり込んでしまいます。
ツェッペリンというバンドのスケールの大きさ、内包している音楽性の深さが、最も色濃く出ているのが、そういった曲だからだと思います。

今まで、何度聞いたかわからない、それぐらい繰り返して聞いているアルバムですが、それでも新しい発見がある、そういった重層的なアルバムだと感じています。
[PR]
# by magicbazz | 2009-01-14 14:44 | Rock
Bad Company
1974年に発表された、バッド・カンパニーのファーストアルバム。
元Freeのポール・ロジャース、元Mott the Hoopleのミック・ラルフス、元King Crimsonのボズ・バレル、元Freeのサイモン・カークという、実績のあるメンバーで結成されたバンドで、デビュー前から、かなり話題になっていたバンドです。

サウンドの方はポール・ロジャースのカラーが最も強く出ており、非常にオーソドックスなロックサウンドになっています。
無駄を一切省いた、シンプルで力強く飽きの来ないサウンドで、特にアメリカでの評価が非常に高いアルバムでした。
全米のアルバムチャートで一位を獲得しており、それを裏付ける形になっています。

アルバムのオープニングナンバーは、シングルカットされて大ヒットしたCan't Get Enough。
この曲が、Bad Companyというバンドのイメージを決定付けたという感じで、Bad CompanyというとCan't Get Enoughを、真っ先に思い出すという人も多いのではないでしょうか。

ほとんどの曲がオリジナルですが、3曲目のReady For Loveはミック・ラルフスが以前在籍していたMott the Hoopleの曲です。
[PR]
# by magicbazz | 2008-12-11 15:37 | Rock
Definitely Maybe
1994年に発表された、Oasisのデビューアルバム。
あの「Rock 'n' Roll Star」がオープニングナンバーとして、収録されているアルバムです。

Oasisの魅力は、なんといってもメロディーですが、ファーストアルバムの段階で、きわめて高い水準にあったことが確認できます。
現在、現役のバンドの中で、最も優れたメロディーメイクが出来るバンドなのではないでしょうか。
ノエル・ギャラガーという最高のメロディーメイカーがいる事、それが総てと言っては言い過ぎですが、最も重要な要素となら言えると思います。

80年代以降、ラップ、ヒップホップの台頭とともに、メロディーよりリズムの比重が大きくなっていますが、メロディーも重要だと再確認させてくれたバンドと言えると思います。
もちろんロックにおいて、リズムというのは重要な要素ですから、リズムが軽視されているというのではなく、両方優れている事がロックにおいては重要だという意味ですが。

70年代、イギリスには大物、超大物バンドが数多く存在していました。
パンク・ニューウェーヴが終焉した80年代なかば以降、イギリスのロックバンドは、一気に小粒になった感じがします。

そのイギリスから、やっと現れたスケールの大きいバンド。
Oasisのデビューは、そういった印象を与えてくれました。
[PR]
# by magicbazz | 2008-11-06 23:40 | Rock
Jailbreak
アイルランド出身のロックバンド、Thin Lizzy、通算6作目のアルバムで、このバントの代表作。
The Boys Are Back In Townという、Thin Lizzyを代表する曲が収録されている事でも、よく知られています。

この当時、イギリスは不況のどん底で、Jailbreak(脱獄)というのは、そういったイギリスの状況からの脱出という意味を込めてつけられたタイトルのようです。
そりため、グループのリーダーで、ヴォーカルも担当しているフィル・ライノットは、このアルバムに収録している曲、一曲一曲の歌詞に、細心の注意を払って作詞したという話が伝わっています。
その事がこのアルバムのクオリティを高めるのに、大きく貢献しているのは間違いないでしょう。

また、このアルバムの少し前にアメリカでのツアーを行い、アメリカでの評価も手に入れつつあった時期でもあり、アメリカへの脱出というニュアンスもあったようです。
そして、The Boys Are Back In Townはアメリカでも大ヒットし、多くのアメリカンバンドにもカヴァーされる曲になりました。

ただ、ギタリストがなかなか固定せず、メンバー交代か繰り返された事が、このバンドのパワーを低下させ、このアルバムを超える作品を作れなかったのは、非常に残念な事でした。
[PR]
# by magicbazz | 2008-10-21 16:04 | Rock
Blind Faith
Creamが解散した後、エリック・クラプトン、ジンジャー・ベイカー、スティーヴ・ウインウッド、リック・グレッチというメンバーで結成されたクループ。
グレッチ以外の3人が、CreamとTrafficというメジャーなグループのメンバーで、結成前の時点でスーパースターだった事もあり、スーパーグループと呼ばれたグループです。

実際のアルバムが発売される前は、クラプトンとベイカーがCreamのメンバーだった事もあり、クリームのようなサウンドを期待されたようですが、クリームとはかなり違うサウンドになっています。
曲作りの中心がウインウッドだった事、Creamの音楽の中心がジャック・ブルースと、プロデューサーのフェリックス・パッパラルディだった事が、このような違いを生んだのだと思います。

ただ、ウインウッドが在籍したTrafficのサウンドとも、かなり違いがあり、その辺がクラプトンとベイカーの存在感という風にも受け取れます。

この当時、このメンバーで一番名声を得ていたのはエリック・クラプトンなので、クラプトン中心で語られることが多いんですが、この時期クラプトンの音楽というのは確立されておらず、一緒にプレイするメンバーの影響が強く反映される傾向にあります。
クラプトンのやりたい音楽が本当に確立されるのはエリック・クラプトンのソロ名義でのアルバムからだと考えるのが妥当でしょう。
クラプトンがアルバムにおいて、初めてリードボーカルを担当したのが、このアルバムに収録されている「Presence of the Lord」なのもよく知られている話ですね。
よって、このアルバムのほかの曲ではスティーヴ・ウインウッドがリードボーカルを担当しています。

私自身は、クラプトンが参加したアルバムの中で、このアルバムが一番好きです。
ウインウッドが参加したアルバムと置き換えても同様です。
[PR]
# by magicbazz | 2008-10-02 11:33 | Rock
Mott
Mott The Hoople、6枚目のアルバム。
前作の「All the Young Dudes」をデヴィッド・ボウイがプロデュースしたせいもあり、グラム・ロックの枠で語られることの多いバンドです。
確かにステージパフォーマンスには、グラム・ロック的な要素もありますが、サウンドだけを取り上げると、グラム・ロックというより良質なハードロック・バンドと言う印象の方が強い感じですね。

この「Mott」では、デヴィッド・ボウイと離れて、自分たちでプロデュースして作品を仕上げました。
これ作品までのMott The Hoopleへの評価には、デヴィッド・ボウイのプロデュースが、大きな比重を占めているというニュアンスが付いて回っていました。
それだけに、このバンドの真価が問われるセルフ・プロデュースのアルバム制作には、相当のプレッシャーがあったようです。
結果として、このアルバムはMott The Hoopleの評価を決定付ける作品となり、チャートアクションでも最大のヒットを達成し、決してデヴィッド・ボウイのおかげで良質の作品を作れたグループではない事を証明して見せました。

聞いていて飽きの来ない、良質のアルバムだと思います。
[PR]
# by magicbazz | 2008-09-25 10:33 | Rock



The Song Remains The Same
LINK
検索
人気ジャンル
以前の記事
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧