Blind Faith
Creamが解散した後、エリック・クラプトン、ジンジャー・ベイカー、スティーヴ・ウインウッド、リック・グレッチというメンバーで結成されたクループ。
グレッチ以外の3人が、CreamとTrafficというメジャーなグループのメンバーで、結成前の時点でスーパースターだった事もあり、スーパーグループと呼ばれたグループです。

実際のアルバムが発売される前は、クラプトンとベイカーがCreamのメンバーだった事もあり、クリームのようなサウンドを期待されたようですが、クリームとはかなり違うサウンドになっています。
曲作りの中心がウインウッドだった事、Creamの音楽の中心がジャック・ブルースと、プロデューサーのフェリックス・パッパラルディだった事が、このような違いを生んだのだと思います。

ただ、ウインウッドが在籍したTrafficのサウンドとも、かなり違いがあり、その辺がクラプトンとベイカーの存在感という風にも受け取れます。

この当時、このメンバーで一番名声を得ていたのはエリック・クラプトンなので、クラプトン中心で語られることが多いんですが、この時期クラプトンの音楽というのは確立されておらず、一緒にプレイするメンバーの影響が強く反映される傾向にあります。
クラプトンのやりたい音楽が本当に確立されるのはエリック・クラプトンのソロ名義でのアルバムからだと考えるのが妥当でしょう。
クラプトンがアルバムにおいて、初めてリードボーカルを担当したのが、このアルバムに収録されている「Presence of the Lord」なのもよく知られている話ですね。
よって、このアルバムのほかの曲ではスティーヴ・ウインウッドがリードボーカルを担当しています。

私自身は、クラプトンが参加したアルバムの中で、このアルバムが一番好きです。
ウインウッドが参加したアルバムと置き換えても同様です。
[PR]
by magicbazz | 2008-10-02 11:33 | Rock
<< Jailbreak Mott >>



The Song Remains The Same
LINK
検索
その他のジャンル
以前の記事
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧